小ネタ速報
生協職員にも感染者が

生協でも大阪いずみ市民生協のコープ貝塚店の職員1名、大学生協事業連合・関西北陸地区の大阪会館の職員3名に感染が判明。大学生協の大阪会館は3月4日から14日間を臨時閉館として、館内の消毒作業が完了したため、18日から開館。
大阪いずみ市民生協の場合、感染者は農産加工などに従事し、3月18日にPCR検査で陽性と判明。店舗での濃厚感染者1名が判明したので、14日間の在宅を指示。
保健所の指導のもとに、19日・20日を臨時休業として、売り場や共有スペースなどを消毒。店舗は21日から短縮時間で、29日から通常営業時間となった。
そのほか、コープこうべでも4月9日、休職中の職員1名に感染者が出た。
またユーコープの「たまプラーザ店」でも生鮮の職員の感染が判明。店内消毒後に、4月11日から営業を再開した。